2017年12月12日火曜日

[171] Yoshio Ojima Solo Live w/ Satsuki Shibano


ある音楽家を紹介しようとする時に、たとえその作品がアンビエント的な視点で評価できたとしても(アンビエントとして聴くことができたとしても)、本人をアンビエント/環境音楽の作曲家と限定的に呼んでしまうことには違和感を覚える場合が多いです。しかし、尾島由郎さんの場合はその呼び方に違和感はなく、むしろ日本においては最も相応しい音楽家の1人だと思います。それは、現在までさまざまな集客施設のサウンドデザインを手掛けてきたという職業的な意味合いだけでなく、環境音楽というリスニング文化そのものの形成に深く関わり、「環境音楽 - BGM - 音のある美術」から「アンビエント - 音響 - サウンドアート」へと移り変わってゆく時期においても前後の時代・世代を繋ぐような立ち位置に身をおいて活動を続けてきた、開拓者でありキーマンとしての存在感の大きさゆえのことだと思います。12月16日に世田谷Cafe Beulmansで開かれるソロライブでは、80年代東京の環境音楽をめぐる動向の中でご自身が目の当たりにしてきたトピックスを交えたトークの時間が設けられるそうです。ライブ後半は近代・現代ピアノ音楽のスペシャリストで、長年のコラボレーターでもある柴野さつきさんをゲストに迎えた「Caresse」の再演も。現在、複数の海外レーベルよりリイシュー盤や新作アルバムのリリース計画が進められているとのことです。


Une Collection Des Chainons I: Music For Spiral (Newsic, 1988)

Belle De Nuit (Les Disques Des Chainons, 2012)

...
尾島由郎 Solo Live w/ 柴野さつき
2017.12.16 sat 20:00 start
Cafe Beulmans(東京都世田谷区成城6-16-5)

info

2017年12月10日日曜日

[170.1] 水と循環の音楽


「水」「環境」をテーマに47の音楽作品を取り上げた小さなリスニングガイド冊子「水と循環の音楽」。初版発行は2010年春。当時は新潟市で企画したライブイベントなどで手配りし、その後CDショップ・雨と休日さんの協力を得て、あわせて100〜150部ほどを配布したと思います。それから長い間品切れとなっていましたが、この度、一部の誤植やアーティスト名の間違いを訂正した改訂版を発行することにいたしました。インクジェットプリンタで一枚一枚印刷した自家製本で、体裁もたいへん簡素ですが、この冊子が何かの気づきや新しい音楽と出会うきっかけになれればとても嬉しく思います。郵送をご希望の方は、fujii.nomino@gmail.com 藤井まで、件名を「水と循環の音楽 希望」とし、お名前・ご住所をお送りください。(送料は無料となります。)



発行日:2010年3月20日
発行元:のみの音楽舎
仕様:A6変型 本文80ページ
発行番号:flea27
内容:Water, 47枚の水/津田貴司インタビュー/水雑記

2017年12月5日火曜日

[170] Plipp - Ephemeral


Label: Rings

Catalog#: RINC35
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2017

1 Egoctrenic 4:25

2 Nostalgia 2:57
3 Miniacid 1:37
4 Boards 2:13
5 Garbaj 3:15
6 Tape This Glass 4:18
7 Rita? 2:22
8 Hopeful 1:59
9 Ondah 0:53
10 Endlesstars 3:46
11 Unheard 2:10
12 UGC00180 3:45
13 Lunar Paint 3:40
14-18 (unreleased tracks)

PLIPP is a side-project of drummer Felipe Continentino, who has been exploring electronic music for some time, mostly related to thematic soundtracks. Ephemeral is the result of two years of experimentation, and features elements that range from acid to ambient, downtempo, IDM and synth-pop. The album presents well-elaborated lines, at times harmonious, at times dark. Original beats that go beyond electronic with interventions on acoustic drums give the 13 tracks album a unique flair. Influenced by Aphex Twin, Boards of Canada, Bibio, Flying Lotus and more. Everything, from the album to the cover, were created at Felipe's own home studio, in the best DIY style.


...




2017年12月4日月曜日

[169] Melody As Truth


2014年の立ち上げから充実したリリースを重ねているアムステルダムのレーベルMelody As Truth。6月にリリースされたJonny Nash(ジョニー・ナッシュ)とSuzanne Kraft(スザンヌ・クラフト)の共作「Passive Aggressive」は、ポスト・ニューエイジの流れの中でも際立って抑制のきいたプロダクションで、彼らの「チルアウトのシンプリシティ」とも言うべき静的志向を感じさせる、とても印象深い一枚でした。パリの人気プロデューサーD​.​K.がレーベル第3のアーティストとして新たに加わった「D.K. / S.K.」に続き、今年リリースのラストを飾るのは、オーフスのディープハウス・シーンを実弟DJ Sportsとともに先導するプロデューサーNatal Zaks aka Centralの別名儀Palta(パルタ)による新作EP「Universel」。民族的パーカッションのリズムとヒプノティックなエレクトロニクスを主軸に、MATの内省的でクワイエットなイメージをさらに熱帯の楽園へと押広げる、瑞々しくもディープなチルアウト・トラックを披露しています。カバーデザインは、いずれもロンドン/シドニーを拠点に活動するイギリス人ビジュアル・アーティストMichael Willis(マイケル・ウィリス)の手によるもの。WORLDWIDE-Xの創設者でもあるWillisが手掛けるビジュアルは、MAT作品において大きな役割を果たしていると思います。



Melody As Truth
Record label based in Amsterdam
run by Jonny Nash

2017年12月3日日曜日

[168] Thierry David & Fred Wallich - Humaninhuman


Label: Origins
Catalog#: OR 554 000307
Series: Les Voyages Imaginaires – 16
Format: CD, Album
Country: France
Released: 1993 (1991)
DISCOGS

1 Born To Be Wy! 3:54

2 Human Beans 3:41
3 Kasual Edge 4:37
4 Double Graal 5:03
5 Candid'On 4:16
6 After Words 4:35
7 Ah More! 4:16
8 Monkey Trans - Dance 4:15
9 Just Behind 4:55
10 Ouside In 5:18
11 Isn't Chiite B...ly? 4:08
12 The Whispering Majority 3:38
13 Hot Gods 4:36

ビジネススクール卒業後にフランス大使館のボランティアとしてリマへ渡り、アンデスの民族音楽や南米のポピュラー音楽に触れながら作曲活動を開始。その後、ブラジル、メキシコ、インド、シリアやオマーンといった中東諸国を旅して巡り、そこで得たインスピレーションから独自のエキゾチック・サウンドを開花させ、後にパリの名物無国籍料理レストランBuddha-Barのコンピレーションに収録されるなど、ラウンジDJからも高く評価された作曲家/プロデューサーThierry David(ティエリー・デイヴィッド)。80年代中頃より自身の運営する制作会社K-Voxを拠点にKoka Mediaのためのライブラリー・レコードを制作したデイヴィッドは、90年代にK-Vox Recordsを立ち上げソロCDを盛んにリリースしていましたが、本作「Humaninhuman」もその時期のK-Voxプロデュースによる一枚。共作者のFred Wallich(フレッド・ウォーリッチ)は、Urban Saxの一員として活動し、Hector Zazou作品にも参加していたサックス奏者。この2人が操るシンセとプログラミング、サックス、マンドリン、タブラ、チェロ、バイオリン、バラフォンなどゲストプレーヤーによるアコースティック楽器、さらに数曲ではソプラニストSuzan Belling(スーザン・ベリング)によるオペラ的歌唱をフィーチャーし、インド・中東などの民族的要素が混淆するイマジナリーなエスニック・フュージョンを全編にわたって展開しています。初版はWy名義でMSI傘下の現代音楽レーベルBody & Soulから91年にリリース。この緑色のカバーは、93年にOriginsの「空想の旅」シリーズの一枚として新装再発されたもの。


...



[related]