2018年4月18日水曜日

[196] Mitar Subotić & Goran Vejvoda - The Dreambird


Label: Paulinas COMEP

Catalog#: CD-6442-4
Series: Mistic Series – Vol. 2
Format: CD, Album
Country: Brazil
Released: 1992
DISCOGS

1 Meditation I - Aurora 11:10

2 Meditation II - Zenith 19:05
3 Meditation III - Poente 9:50
4 Meditation IV - Nadir 18:50

ノヴィ・サド生まれのMitar Subotić(ミタル・スボティッチ)と、セルビア人外交官の父を持ち、イギリスやイタリアを転々とした後にベオグラードで青年期を過ごしたGoran Vejvoda(ゴラン・ヴェイヴォダ)。共に旧ユーゴスラビアのアンダーグラウンド・ロック・シーンでの活動を経て、80年半ばにパリに移住。スボティッチはIRCAM=フランス国立音響音楽研究所でエレクトロ・アコースティックの知識を広げながら劇場などの音楽を手掛け、方やヴェイヴォダはメディアアーティストとして美術と音楽の分野を股にかけて活動していました。本作「The Dreambird」は、この2人が86年に共同制作し、同年から92年までの間にユーゴスラビア、イタリア、ブラジルの都市部にある主要パブリックスペースで披露されたサウンド・インスタレーション「The Dreambird, in the Mooncage」(夢の鳥、月の鳥かごの中で)に基づいています。
2015年にOffen Musicにより公式リリースされた「In The Moon Cage」とは双子のような関係にあたる作品ですが、セルビアの古い子守唄をモチーフにしながら民族色を色濃く打ち出した「In The Moon Cage」とは向きを変え、本作はブライアン・イーノ研究家でもあったヴェイヴォダ(84年にイーノに関する本を出版)の趣味が反映されたためか、スボティッチ関連作品の中でも際立って楽園的なアンビエント・サウンドを聴かせる一枚となっています。主要素になっているのは、マダガスカルで録音された野鳥の鳴き声と、柔らかなシンセのリフレイン。それらのエレメントが幾重にも重ねられた4つのセクション「オーロラ」「天頂」「西」「天底」がシームレスに連なりながら、野性の精気に満ちた瑞々しく透明な世界を、ゆるやかな時間の推移ととも描き出した、全1曲といってもよいトータルアルバム的構成。ニューエイジ諸作のようにメロディを押し出しすぎることもなく、聴く人に深い安らぎをもたらすような調和のとれたサウンドが素晴らしいです。レーベルはサンパウロを拠点とするPaulinas COMEP。「ミスティック・シリーズ」の第2弾タイトルとして92年にリリース。このシリーズはインストゥルメンタル作品に焦点を当てたものとみられ、続く第3弾タイトルとして、本作にブラジルでのコーディネーターとして記載されているギタリストEdson Natale(エドソン・ナターレ)とバイオリニストAlex Braga(アレックス・ブラーガ)による共作アルバム「冬の太陽」がリリースされています。
「The Dreambird, in the Mooncage」の功績によりユネスコ国際文化振興基金を受賞し、アフロ・ブラジル音楽のリズムを研究するための奨学金を得たスボティッチは、1990年から活動の拠点をブラジルに移し、伝統的なリズムに最先端のダンス・ミュージックを融合させた新しいブラジリアン・サウンドを作り上げ、シーンを代表するプロデューサーとして地位を確立。しかし、Suba名義のアルバム「São Paulo Confessions」のリリース直後、99年11月に自宅スタジオが火災に見舞われて不慮の死を遂げました。近年Offen Musicが未発表作品をリリースしたことで新しいリスナー層にも認知され、ブラジリアン・サウンドだけに留まらないスボティッチの開明的作品が再評価を受けていますが、この作品におけるアンビエントなアプローチを聴くと、多数残されているという未発表音源や劇場やコマーシャルのための楽曲など、今後のリリースにもさらに興味が高まってきます。



The interest for electroacoustic music, which he had shown since his early works through the motifs of Serbian folkloric lullabies, took him to Paris where in 1985 he composed theatre music and at the IRCAM institute he expanded his knowledge in the field of electronic-acoustic music. During his stay in Paris, with Goran Vejvoda he started recording the album The Dreambird, in the Mooncage, which was the last to feature the pseudonym Rex Ilusivii, featuring the a combination of bird-twitter recordings, made at Madagascar, combined with the Serbian traditional lullabies and electronic music arrangements. The recordings were promoted in an original way in the period between 1986 and 1992 by broadcasting the recordings on the main squares of Yugoslav, Italian and Brazilian cities. Owing to the UNESCO award for promoting traditional culture, which he had got for The Dreambird, in the Mooncage, he got a scholarship in São Paulo where he landed on March 15, 1990 and decided to permanently inhabit. Part of the recorded material was released as The Dreambird in 1994 by the Brazilian label COMEP Music.



Rex Ilusivii ‎– In The Moon Cage (Offen Music, 2015)

Edson Natale & Alex Braga - Sol De Inverno (Paulinas COMEP, 1992)

2018年4月16日月曜日

[195] Sverre Larssen ‎- Wind Harp Recordings 1976-1977


Label: O. Gudmundsen Minde
Catalog#: OGM003
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Norway
Released: 2017
DISCOGS

A Nordavinden I  16:05

B1 Nordavinden II 5:37
B2 Sønnavinden 5:05
B3 Interviews with Sverre Larssen 6:24

ノルウェー人ビジネスマンSverre Larssen(スヴァラ・ラーシュン)が70年代に製作したウィンドハープに関する初めてのレコーディング・ドキュメント。ラーシュンがアマチュアの工学技術を基に自由な発想で自作したというこのハープは、やや斜めに傾いた板状のボディに12の弦を平行に張りわたしたツィターのような形態で、ボディに取り付けた4つのコンタクトマイクによって弦振動を増幅する仕組み。収録された3つのトラック「北風 I」「北風 II」「南風」は、砂浜と草地が広がるノルウェー西端の地=ヤレンとセレストランダで録音されたもの。北海から吹き付ける風を受けて発生する風切り音と、うねるように変化する弦のハーモニックな持続音に紛れて、かすかに波の音も聞こえます。加えて、B3は77年11月に国営テレビNorge Rundtと地元のラジオ局で放映されたインタビュー。これまでラーシュンのハープ・レコーディングを単独で収録した作品は存在せず、本国でもマイナーな作家だったそうですが、70年代にはLiv Dommersnes、Åse-Marie Nesse、Kjell Bækkelund、Ketil Bjørnstadといった作家・音楽家の作品の中で用いられ、最も知られているJan Garbarek(ヤン・ガルバレク)の77年作「Dis」では、アルバムの冥想的なサウンドを決定付けるほど印象的な効果をなしています。この編集盤のリリース元であるO. Gudmundsen Mindeは、Lars Mørch Finborud(ラーシュ・モルク・フィンボルド)とLasse Marhaug(ラッセ・マーハウグ)によって昨年新たに立ち上げられたレーベル。フィンボルドはヒップホップのアーティストとして90年代後期にキャリアをスタートさせ、過去10年間はPlastic Strip PressとPrisma Recordsを運営し、ノルウェー国営放送局NRK、ヘニーオンスタッド美術館、アルネ・ベンディクセン・スタジオなどのアーカイヴから、ジャズ、ソウル、プログレッシブ・ロック、アバンギャルド、電子音楽に及ぶ北欧音楽を発掘・紹介してきた名プロデューサー。方やマーハウグは、Jazkamerのメンバーとしても知られる重鎮ノイズ・インプロヴァイザー。「Dis」などのクレジットからこのような稀有な音源を深堀りするに至ったとみられますが、昨今のレアグルーヴ的探究とアンビエント・リスニングの相関を暗に示すような一枚にも感じられます。


This LP marks the first ever release of Sverre Larssen’s infamous wind harp recordings from the late 1970s -tonal long-form drone music akin to the works of Paul Panhuysen and Ellen Fullman. In the early 1970s the Norwegian businessman Sverre Larssen decided to construct a wind harp at his cabin at Sele, Jæren on the west coast of Norway. Using his free imagination and amateur engineering skills, Larssen constructed a harp with 12-strings, which was brought to vibrate by the wind. Based on the principle of the electrical guitar, Larssen amplified the strings using four contact microphones and then recorded the sounds direct to tape. Word about Sverre Larssen’s instrument began to spread and during the 1970s notable artists such as Liv Dommersnes, Åse-Marie Nesse, Ketil Bjørnstad, Kjell Bækkelund and Jan Garbarek utilized the sounds of Larssen’s wind harp. O. Gudmundsen Minde, in close collaboration with Sverre Larssen’s family, have unearthed the only remaining tapes, photos and interviews documenting the fabled wind harp. OGM is proud to present this important rediscovery in the canon of Norwegian experimental music.


...


 

2018年4月12日木曜日

[194] Sam Gendel - Pass If Music


Label: Leaving Records

Catalog#: LR131
Format: Cassette, Album
Country: US
Released: 2018
DISCOGS

A1 Anemone Swerve 2:23

A2 East LA Haze Dream 5:01
A3 Coffee Mainframe 3:35
A4 Trudge 3:27
A5 Drowning Interlude 1:11
B1 Hyena 3:19
B2 REV 1:18
B3 Final Chamber 4:48
B4 ZeroZero 3:49

RAでは「21世紀における第四世界」という特集が組まれ
、新しいアーティストのアルバムやミックス、NTSなどのラジオにも「Fourth World」というタグが広義の空想電化民族音楽を差すものとして添えられているように、「第四世界音楽」はアンビエント・ミュージックの歴史から独立したひとつのジャンルとして成立していて、近年はその思想・アートフォームの潜在的な影響力の強さを感じる機会がますます増えています。LAを拠点に活動するギター/サックス奏者Sam Gendel(サム・ゲンデル)が2月にリリースした「Pass If Music」は、まさにハッセル直系といえるハーモナイズされたアルト・サクソフォンの可能性を追求したアルバム。全身にまとわりつくような熱を発するサクソフォンの歪んだトーンと、アブストラクトな音像を広げるエフェクトやリズムループにより組み立てられたディープな音響ジャズ。異境の民族的香りに満ちていますが、アフリカや東南アジアの空想エスノというよりも、闇夜に忍び寄る異形の影、鬼火、百鬼夜行といった何故か日本の奇怪なイメージを掻き立てられます。レーベルによると、今年公開されるDaniel Oh監督による映画「The Labyrinth & The Long Road」にインスパイアされたとのこと。


It’s hard to tell on first listen, but the L.A.-based Gendel made every sound on his new album using his alto saxophone. “Pass If Music” is hardly a solo jazz album, though. Rather, the musician harnesses his horn in service of ambient tones and experimental works that reside outside genre distinctions. “East L.A. Haze Dream” floats like an amorphous cloud of vapor as Gendel layers gently blown notes with the occasional brief sax run. “Trudge” is a darkened mantra featuring lower-register hums and a minimal rhythm that marches with determination. In notes, the artist writes that it and the other eight pieces were inspired by the motion picture “The Labyrinth & the Long Road,” [directed by Daniel Oh] for which Gendel contributed the score, and that makes sense. It’s an atmospheric work that evokes its own brand of drama.” –Randall Roberts for the Los Angeles Times


...


 

2018年4月10日火曜日

[193] Bernard Baschet & Michel Deneuve - 4 Espaces Sonores


Label: Transversales Disques

Catalog#: TRS04
Format: Vinyl, LP, Album, Reissue
Country: France
Released: 2018 (1982)
DISCOGS

A Resurgence 27:00

B Errance 19:30
C Polykinese 20:25
D Iranon 19:08

The Baschet brothers are known worldwide as creators of Sound Sculptures, fantastic shapes of moulded metal and glass, which combine the visual arts with music. François Baschet had always been fascinated by acoustics, by the relationships between the shape and material of an intrument and the beauty of its sound. Bernard Baschet was passionately interested in contemporary music and firmly believed that such instruments were the proper tools for modern music, for they offered to the artist and performer a personal means of expression denied by electronic devices. Together the brothers began to design and produce Sound Sculptures, which could also be regarded as musical instruments. Circa 1965, Bernard worked alongside Pierre Schaeffer as a member of the GRM (Musical Research Group) on the elaboration of what was to become Schaeffer’s "Traité des objets musicaux" (Treatise on Musical Objects). The Baschet brothers also created structures and instruments of all sizes, including bell towers, windmills and fountains, using the natural elements of wind and water to make music. Bernard Baschet was especially proud of his pedagogical work amongst deprived and handicapped children, with the instrumentaium made up of fourteen pieces.


...



2018年4月3日火曜日

[192] Al Gromer Khan - Utopia


Label: Aquamarin Verlag

Catalog#: AQ 58028
Format: CD, Album
Country: Germany
Released: 1993
DISCOGS

1 Utopia 15:42

2 Denia 6:46
3 Numa 5:50
4 Cherry Blossom 5:44
5 Mikado 3:40

Ustad Vilayat Khan(ウスタッド・ヴィラヤット・カーン)のリサイタルに深い感化を受け、シタールの演奏・研究に一生を捧げる決心をしたというドイツ・フラウエンツェル生まれのシタール奏者Al Gromer Khan(アル・グローマー・カーン)。70年代初頭からPopol Vuh、Between、Deuterといったニューエイジ〜ワールド・ミュージックの草分け的グループ・作曲家の作品に参加。80年代には精力的にリーダー作品をレコーディングするようになり、現在まで毎年のようにアルバムをリリースし続けている多作家です。この「Utopia」は、単独名義ではおそらく13枚目。シタールを前面に押し出したものではなく、ピアノやエレクトロニクスに比重を置いた、「鏡面界」の系譜を継ぐ純然たるエーテル・アンビエント。霧でかすんだ湖のほとり、月の光に導かれて遠い記憶を彷徨うような、静的かつミステリアスなイメージが喚起されます。


...


2018年3月30日金曜日

[191] va Desert Rain


Label: Desert Rain

Catalog#: DRCD-001
Format: CD, Compilation
Country: Italy
Released: 1994
DISCOGS

1 Roberto Laneri - Estampie (Tradizionale) 5:16

2 Tito Rinesi - Nel Tempio Della Memoria 6:18
3 Luca Spagnoletti - Palermo 4:48
4 Costantino M. Albini - Mare Nostrum 5:08
5 Riccardo Giagni - Una Luce 9:16
6 Pierluigi Castellano - Sud 3 4:35
7 Diego Jascalevich - Venì 3:41
8 Tarab - Amira (Anan Al Shalabi) 4:14
9 Danilo Cherni - In Corpore 3:32
10 Raffaele Mallozzi - Vele Latine 5:25
11 Pino De Vita - Muamar 3:50
12 Maurizio Marsico - Il Sole Visto Dal Cielo 3:04
13 Tommaso Leddi - Algoritmo Ballabile 3:05
14 Maurizio Piazza - L'Homme 4:51

汎地中海音楽の伝統と現代音楽・ジャズを結び付ける新世代音響派を先導したローマのStile Liberoの精神を譲り受けるように、1994年にミラノ近郊都市モンツァで立ち上げられたレーベルDesert Rain。その第一弾タイトルとしてリリースされたコンピレーション・アルバム。参加した音楽家は、同レーベルから各々アルバムを発表したRaffaele Mallozzi(ラファエル・マロジ)、Tommaso Leddi(トマゾ・レッディ)、Pino Devita(ピノ・デヴィータ)、Maurizio Marsico(モリツォ・マルシオ)のほか、多種多様な民族楽器とエレクトロニクスを使い熟すマルチな才能と越境的感性を合わせ持つ全14名。全編素晴らしいですが、中でも特にシタールとギターを主調とする穏やかなサウンドで広大な海のイメージを描いたCostantino M. Albini(コスタンティーノ・M・アルビニ)、Stile Liberoの名作「Kaunis Maa」からさらに幽遠なサウンドへ踏み込んだRiccardo Giagni(リッカルド・ジアンニ)が秀逸です。リリースタイトルは全5枚。いずれも94年、ほぼ同時に発表されたものらしく、活動はごく短期間のうちに幕を閉じたとみられますが、全ての作品に配されたトリコローレ(イタリアの三色旗)と「Next Age Music」という理念にも、当時の国内の音楽シーンに清新な風を送ろうとする気概に溢れたレーベルだったことが窺い知れます。もしその後も続いていたとしたら、同時代の潮流に呼応するエスノ・アンビエントの主要拠点になっていたのかもしれません。


...



2018年3月27日火曜日

[190] Quiet City ‎- Public Face, Private Face


Label: Koch Records

Catalog#: KOC-CD-8451
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2002
DISCOGS

1 Pocket Juice 1:11

2 Due North 8:46
3 Knee-Jerk Reaction 2:22
4 Stones Of Time 6:04
5 Ticker Tape Welcome 2:32
6 Never Leave Me 6:29
7 Rude Dude 1:52
8 Ocean Deep 6:05
9 Goodnight, My Baby 4:18
10 The Dirty Dozen 1:50
11 Things We Should Say 7:57
12 Easier To Stay 6:46
13 7 Miles High 6:55

ロンドン王立音楽大学で初めてのティンパニ研究家であり、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団の首席奏者に就任するなど、現在までオーケストラの舞台で活躍している打楽器のマエストロ=ナイジェル・トーマス。ロック〜ポップ作品におけるスタジオ・ミュージシャンとしての実績も多岐にわたり、特にグラスゴーの至宝ブルー・ナイルにはファースト・アルバムの頃からセッションやライブに参加してきた、第4のメンバーといえる人物の一人です。そんなトーマスが作詞・作曲・編曲と全ての指揮を執り、ポップス界で長いキャリアを持つスタジオ・ミュージシャンや、ロンドン交響楽団、BBCビッグバンドの団員らをゲストに迎えて制作した、クワイエット・シティ名義の唯一のアルバムが本作。ブルー・ナイルのフロントマン=ポール・ブキャナンが2曲で参加していることでもそのファンに語り継がれる一作ですが、うち5曲ではトーマス自身がリードを執り、ブキャナンに引けを取らない歌声を披露しています。ブキャナンの枯れた味わいに比べると、トーマスの声質はスムースでウェット。両者のボーカルをフィーチャーした曲はストリングスを配したゴージャスなアレンジにより、ブルー・ナイルの世界観をダイレクトに継ぐロマンチックなサウンドとなっています。加えて、ブラス・セクションをフィーチャーした軽快なジャズ・ファンク〜ビッグバンド・インストが6曲。対比的なムードを持つボーカル曲とインスト曲がほぼ交互に配置され、深夜のアダルト・オリエンテッドなラジオを聴いているような一連の流れを形作っているのも印象的です。当時トーマスが、どのような経緯でこのアルバムを制作しようとしたのか──ブルー・ナイルの音楽性に憧れ、自身がその主役になりたかったのか、またはオーケストラ(パブリック・フェイス)とポップ(プライヴェート・フェイス)という2つのキャリアを融合させたかったのか──かつてのウェブサイト www.quiet-city.com が閉鎖されている今では詳しく知る術はありませんが、いずれにしても、このまま廃盤状態が続くには惜しい秀作です。


...



2018年3月23日金曜日

[189.1] reissue / archival

re-mastered and issued on vinyl for the first time
original cassette was released on SSS Production in 1988

issued on vinyl for the first time
feature reworks and unreleased additional track
original cassette was released on Hyades Arts in 1989

rare selection of eight unheard home recordings produced between 1995 and 1997

Inoyamaland - Collecting Net [ExT Recordings, Japan]
issued on CD for the first time
original soundtrack for theater performance, recorded in 1977

collection of 30 previously unreleased tracks from their archives

the first full-length collection of never-before-released pieces
composed for her choreography ranging from the early '60s to mid-80s

Max Eastley / Steve Beresford / Paul Burwell / David Toop - Whirled Music
[Black Truffle, Australia]
originally released on Toop’s own Quartz label in 1980


The Nightcrawlers - The Biophonic Boombox Recordings
[Anthology Recordings, US]
archival collection documenting their home recordings between 1980 and 1991


Cândido Lima - Oceanos [Grama, Portugal]
issued on vinyl for the first time
original CD was released on Portugalsom in 1992


Mogens Otto Nielsen ‎- Den Dynamiske Violin
[Institut for Dansk Lydarkæologi, Denmark]
originally released on Edition After Hand in 1977

2018年3月22日木曜日

[189] Warren Sampson - Traveller


Label: Love All Day

Catalog#: LAD 016
Format: Vinyl, LP, Album, Reissue
Country: US
Released: 2018 (1987)
preorder

A1 La Bella Donna 3:53

A2 Travellers On A Mountain Road 5:53
A3 On The Reef 5:12
A4 Sweetly 4:06
A5 Miss Jessel 3:59
B1 Drifts 5:06
B2 Embankment 4:06
B3 The Coming Darkness 3:42
B4 City Layers 4:51
B5 The Natural Skater 5:44

ミネソタ生まれの大学生Warren Sampson(ウォーレン・サンプソン)が、ロンドン留学中に出会った中国の水墨画と、ブライアン・イーノ、ジョン・ハッセルの初期作に感化を受け、1970年代後半から1980年代半ばにかけて録音。87年に自主レーベルからリリースしたという知る人ぞ知るフォーキー・アンビエント作品を、シカゴのレーベルLove All Dayが新装リマスター再発。薄暗く霞んだ色合いのエレクトロニクスに、中西部出身者らしいカントリー〜ブルース・マナーのギターを織り交ぜ、隅々までパーソナルな世界観を投影したメンタルスケッチ的アルバム。ケリー・ライマーや、Krankyなどのポストロック・サウンドが引き合いに出されていますが、その両者の間に介在するミッシング・リンクともいうべき音楽性を感じさせます。レーベルの特設ページでは、サンプソン本人がこの作品の背景を語った人間味溢れるテキストを公開(以下はその粗訳です)。リリース予定日は4月21日。


「Traveller」の音楽は、1980年頃に見た中国の水墨画にインスパイアされました。今それをオンラインで探してみたところ、どうやら私はタイトルを間違えていて、私が思っていたものはギャラリーには展示されていたかったようです。まあともかく、何かを完全に間違えてコピーしまったことでどれくらい新しいアートが創られてきたでしょうか。

1980年、私は科学史・科学哲学を学ぶためにロンドンで1年間を過ごす機会に恵まれました。私はひどい学生でしたが、私の人間性の大部分をその1年間から得ました。私は、キャッツのオリジナルキャストによる2回目の夜公演を観ました。そこでセゴビアの音楽を聴き、ヌレエフが踊るのを観ました。ある教会では、伝説的なアバンギャルド・ギタリスト=デレク・ベイリーが聖堂を歩き回り、キング・クリムゾンのパーカッショニスト=ジェイミー・ミューアが鍋の蓋を引きずり騒がしい音を立てながらフロアを横切るコンサートが見られました。 私はソプラノ・サックス奏者が30分間アルミ箔で包み込まながら即興で演奏するのを見ました。
国立劇場に行くとき、私はよくエンバンクメント駅で下車し、暗くて薄汚れて人気のないハンガーフォード橋を渡りました。橋のたもとでは、いつもサックス奏者やトランペット奏者がバスキングしていました。ロンドンの街灯りがゆらゆらと映るテムズ川に音が鳴り響くのを想像してみてください。ウィキペディアによれば、その橋はより危険な場所になり、1999年には殺人事件があったようです。2015年に妻を連れて行ったとき、そこはフォトレディ国際観光地として再建されていました。私はがっかりしましたが、それを越えて生きました。私は中年です。空気よりも安全。
ロンドンの全てのアートギャラリーは無料でした。私の部屋から大学まで行くためのバスは、南西から北東に至るまで町中を走っていました。サウス・ケンジントンからウォーレン・ストリートに向かう14番のバス路線には、途中下車する場所がたくさんありました。入場無料のよいところは、いくつかの作品を見るためだけに気軽に入れることです。アートはしばしば私の脳に過負荷になるので、少しがよいです。
ある日、どこかのギャラリーで、「Travellers on a Mountain Road」という中国の水墨画を見ました。私は完全に参ってしまいました。その絵のシンプルな墨の力と深みと雰囲気は、渦巻く曇った紙の質感を最大限に引き出すために応用されていました。これらの中国の画家たちは「ネガティヴ・スペース」を発明しました。少しのインクで紙は雲になり、また別のところに少し描くとそれは滝になります。私はその絵の前に立ち、呼吸が荒くなりました。心臓は高鳴り、頭が働きませんでした。
私はヴィクトリア&アルバート博物館で「Travellers on a Mountain Road」を見たことがありますが、オンライン検索でその美術館のコレクションには見つかりませんでした。私は范寬(ファン・クアン)の「Travelers Among Mountains and Streams(谿山行旅図)」を見つけました。その絵は、台北の国立故宮博物院にあるようです。ロンドンバスの14番路線の沿線では決して見たことがありませんでした。多分それは1980年に巡回展の一部として展示されていたと思います。絵の名に相応しいですね。旅する旅の絵。
だから、多くのものの根源となった絵は未だ謎のままです。大学時代はカントリーブルースのギターに夢中で、よくトミー・ジョンソンの「ビッグ・ロード・ブルース」をコーヒーハウスを弾いていました。私はビッグ・ルームの中と外に存在する音楽について考えるようになりました。私にとってジャズとクラシック音楽はビッグ・ルームの中にありました。それは天井までいっぱいで、豊かで魅力的ですが、有限な壁によって本質的に制限されていました。
「ビッグ・ロード・ミュージック」は私をどこにでも連れて行くことができます。それは特に、アメリカ中西部生まれの白人が、私の経験上では全く接点のなかったブルースと水墨画の両方にインスパイアされることを認めてくれました。私はいつも他者のものを盗作してしまうことを気にしていました。ブルースは好きですが、しかしそこに生きてはいません。アイリッシュ・ミュージックも好きですが、それに育てられたわけではありません。私は中国の水墨画が好きですが、それは文字通り世界の反対側のものです。
音楽を部屋や道路に閉じ込めて定義するなんて、20代前半の不愉快な男のように聞こえるでしょうか?許してくれませんか?私は何かを盗む病いを気にすることで自分の傲慢の代償を払いました。私はその戦いを思い出し、少し前に終わらせました。
ブライアン・イーノとジョン・ハッセルは、このアルバムを形成する2つのピースです。イーノの「アンビエント4:オン・ランド」は、マイルス・デイヴィスの「カインド・オブ・ブルー」と同じくらい録音芸術史において重要だと思います。「オン・ランド」は中国の水墨画とまったく同じことをしているように感じます。それは、雰囲気、深み、記憶、郷愁、ミステリー、少しの恐れ、不確実性を放ちます。とてもドキドキします。
ジョン・ハッセルは、西洋クラシック音楽か第三世界かという古い考え方に制限されない第四世界音楽を創造しました。それは私にとって「ビッグ・ロード・ミュージック」のように聞こえました!しかし、ほとんどの人にとっては難しい音楽でした。私がパーティでイーノとハッセルの曲をかけた時、ある男は「これはトルコの刑務所の音楽かい?」と尋ねました。しかし私たちの耳は、思っているよりもっと寛容です。これらの素晴らしいテクスチュアは、今日のビデオゲームや一般広告でも聞かれるようになりました。テレビで見た不凍剤のテレビCMには、間違いなくイーノの作品の一部が盗まれていました!
大学では、サイマルシンク機能を搭載したティアックの4チャンネル・オープンリールを購入し、それを隔離できるようクローゼットに入れて管理しました。そのマシンがあればどこであろうとも、私が当時使っていたどんなレコーディング機材でも、ビッグ・ロード・スタジオになりました。「Traveller」の作曲は、1970年代後半の "Drifts"(友人スーが取り組んでいた白黒の8ミリフィルムのサウンドトラックのために録音)からアルバムが作られた1987年まで続きました。
私はいつ "Embankment"(堤防)をレコーディングしたか思い出せませんが、それが何だったのかは分かります。 私はその曲を聴いて、エンバンクメント駅で下車し、ロンドンの街灯りと優雅に揺らめくテムズ川に響く汽笛の音を聴きながら、ぞっとするような橋を歩いて渡っていたことを思い出しました。灯りに照らされた、音楽の川。
ギターを抱え、キーボードに座ったりするたびに曲が出てきます。それらは私が求めている音楽の全てではありません。群衆の中にいる知り合いの顔のようなものです。混雑した駅で友人の顔を見たときの気持ち。私は彼らが逃げる前にそれら全てをキャプチャすることを気にしていました。そして、私はリラックスして、私は音楽の川の隣に住んでいることを実感しました。 毎日、私は自分自身に問いかけます。「今日の川はどんな感じ?」 - 2017年6月 ウォーレン・サンプソン 

...


2018年3月18日日曜日

[188.1] Mori To Kiroku No Ongaku #4



3月15日に放送されたLYL Radio「Mori To Kiroku No Ongaku」の4回目。前半はフリーセレクション、後半はスペインのギタリスト=ミゲル・エレーロを特集しました。
80年代からマドリッドのインディペンデント・レーベルGrabaciones Accidentales(GASA)を拠点に活動し、特にレーベル設立の発端となったポップバンド=エスクラレスィドスのレギュラーメンバーとして知られるミゲル・エレーロ。彼は他にもいくつかのバンドに参加し、またプロデューサーとしてインディポップ・バンドやフラメンコのミュージシャンなどのレコードを手掛けていました。彼のソロアルバム「Iolantha」は、GASAの「El Cometa De Madrid」(マドリッドの彗星)というシリーズの一枚として86年に発表されました。新しい音楽の出現を「彗星」に准えるように、古楽界の鬼才ルイス・デルガドが85年に命名・設立し、全作品のプロデュースを担当したこのシリーズは、伝統と前衛・実験精神を結び付ける才気溢れる音楽家達を次々と紹介していきました。その中でも、エレーロの「Iolantha」はひと際おだやかなギターサウンドを聴かせる作品であり、私の最も好きな一枚になりました。今回の特集では、彼が手掛けたインストゥルメンタルの楽曲に焦点を当て、ソロアルバム「Iolantha」を中心に、80年代初頭のポストパンク・バンド …Oh! のEP、スーソ・サイス率いる楽団オルケスタ・デ・ラス・ヌベスのメンバーが参加したムジカ・エスポラディカのアルバムから選曲しています。
5年前、エレーロの他の作品について知りたいと思い、本人宛てにファンメールを送ったことがありました。彼からはすぐに「遠くの国にリスナーがいるなんてすごい。これからコンサートだからまたメールするよ」と返信がありました。結局その続きはありませんでしたが、精力的に活動を続けられていることを知って嬉しくなりました。今回の特集のために、今現在どんな活動をされているのか再び問い合わせをしてみましたが、やはり返事はなく、きっと忙しく活動されているのだろうと思いました。しかし悲しいことに、エスクラレスィドスのSNSのページで、彼が2015年9月17日に亡くなられたことを知りました。亡くなったその日、バンドは「私たちの愛する友人、大きな感受性を持つギタリスト」と彼の偉大さを讃え、哀悼の意を表していました。この特集を彼に捧げ、心よりお祈りしたいと思います。ミゲルさん、素晴らしい音楽をありがとうございました。

the fourth episode of my show "Mori To Kiroku No Ongaku" on the LYL Radio was broadcasted on March 15. the first hour is free selection, and the second hour is special feature on Spanish guitarist Miguel Herrero. Herrero is well-known for being a regular member of a Spanish pop band Esclarecidos. He actively worked in several other groups around the label from the 1980's and also produced indie rock groups and flamenco musicians albums. his first album, possibly his only album, was released in 1986 as part of an advanced music series called "El Cometa De Madrid" that a producer Luis Delgado launched to curate new musicians. Herrero's solo album "Iolantha" which was especially gentle and mellow in the series has become my favorite. I mainly focused on his instrumental sound, by selecting tracks from the album "Iolantha", and the EP of the postpunk band called ...Oh!, as well as another masterpiece album of tribal ambient project Música Esporádica that he played with all members of great ensemble Orquesta De Las Nubes.

five years ago, I sent a mail to him in order to ask about his other works. soon after that, I luckily got a reply from him, "It's great to know that someone is enjoying something yours so far away. I'll try to get in touch with you during the day, today I've got a concert." I was a bit sorry that I could not get the continuation of his mail, but I became happy to hear that he was actively continuing to work on music. I tried to send a mail to him again about his recent activities for this show. I could get no reply, but I did not mind. I guessed that he was still busy working on music. while working for this show, deeply sad to say I found that he passed away on 17th September 2015 on Esclarecidos's social service page. on that day, the band expressed their respect and condolences to him with following words: "Hoy a muerto nuestro entrañable amigo y guitarra de enorme sensibilidad, Miguel Herrero. En nuestro recuerdo y en nuestras canciones. DEP." I dedicate this show to him for his greatness. I extend my heartfelt gratitude to him for the beautiful music.


tracklist:
Ezra Feinberg - God Sized Hole
Steve Hiett - In The Shade
Aurora Acoustic - Maiden Voyage
Julio García - Ven
James Gordon - No City Lights
Alap Jetzer - Joy Ensemble
Kazuo Zaitsu - November Eyes
Seigen Ono - Criminal Investigation
Nick Storring - Inside Every Man Lives The Seed Of A Flower
Adolfo Rivero - In The Stillness
Miguel Herrero - ¿Vendrás Esta Noche?
Miguel Herrero - Mascamangas
Miguel Herrero - Belvedere (El Mirador)
Miguel Herrero - En Buena Compañía
Miguel Herrero - The Well Known Friend
…Oh! - Martinica
Música Esporádica - Combustión Interna
Música Esporádica - Música Esporádica
Miguel Herrero - El Viento
Miguel Herrero - Templo Griego En El Techo De Madrid
Miguel Herrero - Milltown
Esclarecidos - Dos Españolas Solas

2018年3月17日土曜日

[188] Rolando Chía Pérez

60年代に独学でギターを弾きはじめ、ロックからノイズ、インプロヴィゼーション、セリエル音楽などに挑戦しながら、現在までマイペースに活動を続けているメキシコシティ在住の作曲家/ギタリストRolando Chía Pérez(ロランド・チア・ペレス)。ディスコグラフィに記された2枚のソロアルバム「En Voz Baja」「Sara Yuega…y」、EP「Central Almendra」、いくつかのコンピレーション・カセットは80-90年代のアヴァンギャルド・ロック時代のものが殆どですが、2012年には新作「Es lo que fue que es」をCDRで自主リリース。近年は環境的要素を取り入れたインプロヴィゼーションによる新しいレコーディングを自身のサウンドクラウドで発表しています。変則的にチューニングされたアコースティック/エレクトリック・ギターと、エフェクター、ボリュームペダルを駆使した、陽炎のように揺ら揺らと立ち上るペレスのギターサウンドは、時にDurutti ColumnやLoren Connorsを彷彿とさせます。

...






...
Rolando Chía、 Armando Velasco、Carlo Salinasの3人によりメキシコシティで結成されたミニマルウェイヴ・バンドVistas Fijas(ヴィスタス・フィジャス)が85年にリリースした7インチレコード。全ての曲はCarlo Salinasによりアップロードされたもの。


2018年3月3日土曜日

[187.1] Hybride Sentimento



リヨンのプロデューサーTryphème aka Tiphaine Belinと、Late-Night Rec.のオーナーSaulk Regurkが共同で立ち上げた新しいレーベルHybride Sentimentoにゲストミックスを提供しました。レーベルの第1弾リリースとして、トレヴィーゾのグループCabaret Du Cielの92年作「Skies In The Mirror」のライセンスリイシュー盤がアナウンスされています。(カバーアートのクレジットにAriel Kalmaの名があり驚きました。)Tryphèmeが「冬の庭」という素敵なタイトルを付けてくれました。感謝です。


Hybride Sentimento introduces Tomoyuki Fujii, from Japan, which takes us right from the heart to a blissful and romantic rendez-vous. There is a sense of liberty in this mix, would it be spring? All these compositions have something extremely positive, which make us forget about this too long winter…Waiting for the snow to melt, come and let's warm in this exotic garden.




Cabaret Du Ciel ‎– Skies In The Mirror [HYB.001]

Hybride Sentimento
Lyon based record label
founded by Tryphème & Saulk Regurk
manufactured by Late-Night Rec.

2018年2月28日水曜日

[187] Eli Gras - Grass Velvet


Label: Esc.rec.
Series: Sediment
Catalog#: esc.rec.56, sediment.5
Format: Box Set, Instrument, Vinyl
Country: Netherlands
Released: 2018

実験音楽、ミニマリズム、インプロヴィゼーション、電子音響、オーケストラから、Motor Comboのようなエレクトロポップ・サウンドまで多彩な音楽経歴を持ち、自身のデザインによる楽器の製作やワークショップ、インスタレーションなど多面にわたり活動しているバルセロナ在住のサウンドアーティストEli Gras(イーライ・グラス)。「Grass Velvet」と名付けられたこの作品は、彼女がオランダ・デーフェンテルのレーベルEsc.rec.からレジデンスとして招待を受け、2015年に製作した「Floating Bridge Round Harp」(別名:The Egg)という名のユニークな形状のハープを、木製ボックスに収納し、その楽器だけで奏でた音楽のレコードとセットで、レーベルのセディメント(堆積物)・シリーズとして今年1月にリリースしたもの。ボウルの外縁に設けられたペグと中央に浮かぶ円型ブリッジとの間に張られた40近くの弦を、奏者は円を描くように演奏し、またブリッジに付けられたコンタクトマイクを介して音を出力・増幅することができるエレクトロアコースティック楽器としての性能を備えているそうです。1エディションのみ、価格はおよそ25万円。バンドキャンプではそのレコードから5分の抜粋を聴くことができます。

Eli Gras is a self-taught multidisciplinary artist with a career in experimental and underground music starting in the early 80's. Nowadays her musical practice is focused on experimental improvisation and instrument making, playing concerts, giving workshops and talks. She played with many artists all around Europe and is founder and director of the NoNoLogic Festival and La Olla Expréss records.


...


2018年2月24日土曜日

[186] In Be Tween Noise ‎- So Delicate And Strangely Made


Label: New Plastic Music

Catalog#: NPIB- 1
Format: CD, Album
Country: US
Released: 1993
DISCOGS

1 So 2:02

2 Straight Arrow (Navajo Prayer) 8:14
3 Delicate 2:15
4 St. Francis' Vision Of The Musical Angel 11:14
5 And 2:09
6 Phonography 10:49
7 Strangely 2:02
8 Cycle (Re-) 11:03
9 Made 2:42

1964年ロサンゼルス生まれ。オーティス芸術大学、アートセンターカレッジの修士課程でデザインを専攻し、80年代より画家/ビジュアル・アーティストとして活動を始めたSteve Roden(スティーヴ・ロデン)。当時から作曲活動も行っていましたが、彼の名前が広く知られるようになったのは、おそらく90年代の終わりか2000年代に入ってからのこと。微かな物音と無音が強調された──音楽形式におけるミニマリズムを極端に追求した(アンビエント・ミュージックとは実に対比的な、集中したリスニングを要する)ロウワーケース・サウンドの名付け親となり、そのムーブメントの代表的作家の1人として、美術出身者ならではの斬新なアプローチでサウンドアートの地平を開拓してきました。ロデンが80年代中頃から自宅のベッドルームで録りためた音源をまとめ、93年に自身のレーベルからリリースした本作は、現代音楽から影響を受けたミニマリズムの手法に視覚・造形芸術やポエトリーを結び付けはじめた活動初期の記録。後のインスタレーションに基づくロングフォームの作品とは趣きは異なり、ここではアコーディオンやバイオリン、ハーモニウム、打楽器など、いくつもの楽器を一人で操り多重録音されています。それぞれの楽器を流暢に弾き熟すというものでなく、単調なメロディやリズムによりその固有のテクスチュアや繊細なノイズ成分を抽き出すような音響的な使い方に終始しており、故にプリミティヴで、時に奇妙でフォーク・ミュージックのよう。25年経った今も古びた印象を感じさせないオーガニックで美しい作品です。


1993年、私は自分のレーベルNew Plastic Musicから最初の作品「So Delicate And Strangely Made」をリリースしました。寝室で音楽を作りはじめてから8年、音楽はカセットテープとダットテープに時間をかけて記録され、何とか世に送り出す準備ができたと感じて一連の作業を終えました。この音楽を作っていた時、私は実験音楽のコミュニティ、特に地元のシーンをほとんど知りませんでした。インターネットが普及する前で、当時私は小さなレコード店や雑誌やCDをメールオーダーしてくれた人々(私の最初のCDのコピーを注文してくれたWayside Musicなど)を通じて音楽を知ることがほとんどでした。他のサウンドアーティストと連絡を取ったことがなく、そのタームが何を意味するのか全く分かりませんでした。実験音楽やサウンドアートと呼ばれるものとの接点は、ほとんどが「New Music」のコミュニティ、特にアバンギャルド・ミュージックかミニマリズムのコンサートでしたが、やがて高まりつつあるノイズ・シーンを知りました。初期の作品の多く、とりわけこのCDは、スティーヴ・ライヒ、メレディス・モンク、ステファン・ミクス、ハロルド・バッド、アルヴォ・ペルトのような作曲家/音楽家に影響を受けていました。私はまた、エレクトロニクス、シンセ、アコースティック楽器を一緒に使用したエリック・ウォロやピエロ・ミレジ、多くの日本のアーティストを聴きはじめ、また、New Albion、What Next Recordings、Sub Rosaなどのレコードレーベルを知りました。私の音楽がもつ文脈と、それと関わるコミュニティを見つけるのに苦労していました。実際に、私の作品は特定の美学にうまくフィットしませんでした。ノイズ・シーンは私にとても親切でしたが、私の作品は大抵メロディックで常に静かでした。パンク・シーンのように、ノイズ・シーンは様々な実験的言語に開かれ、1990年代初頭から中頃まではとても活気に満ちていて、私の支えになるものでした。この歴史とは別に、文脈を見つけるという点で、最も重要な影響はBroken Musicのカタログとの出会いでした。それは視覚芸術と音楽との間に関係性(と歴史)があったという具体的な証拠を示してくれました。最終的に、ジャン・デュビュッフェが自身の音楽について書いた著作に出会ったことが、私の音楽制作へもっとも大きな影響を与えました。


...


2018年2月19日月曜日

[185] Ben Neill - Green Machine


Label: Astralwerks

Catalog#: ASW 6159-2
Format: CD, Album
Country: US
Released: 1995
DISCOGS

1 Ether 10:11

2 Night Vision 10:58
3 Sistrum 11:18
4 Kama Rupa 6:04
5 Critical State 6:56
6 Auricle 7:57
7 Sargasso 4:14

アンビエントのリスナーからも高く評価されるDavid Behrmanの歴史的名作「Leapday Night」や「Unforeseen Events」で自作のトランペットを演奏していたのがこのBen Neill(ベン・ニール)。ノースカロライナに生まれ、マンハッタン音楽学校でLa Monte Youngから作曲を学び、卒業後はニューヨークのアートスペースThe Kitchenで音楽のキュレーションを担当。トランペット奏者として、BehrmanやYoung、Rhys Chathamらの作品に参加していました。ニューウェイヴ・バンドで活動していた80年代初頭から彼が創作を続けてきた「ミュータントランペット」は、複数のトランペットとホルンの部品を組み合わせ、ベル、スイッチ、アナログ・モジュールやMIDIコンバーターなどを備え付けて音質を瞬時に変換できるように構築したハイブリッドなエレクトロアコースティック楽器。本作は、94年にポーラ・クーパー・ギャラリーで披露されたインタラクティヴ・インスタレーション「Green Machine」の音源を収録したセカンドアルバム。このインスタレーションは、自然界に存在する秩序や混沌、周期的なパターン形成をモデルとしながら、ミュータントランペットのライブ・エレクトロアコースティックと映像のプロジェクション(ビジュアル・アーティストChrysanne Stathacosによる720枚の画像)をMIDI信号で同期化させるというもので、音楽と同じ数的構造に基づいて映像をコンピュータで制御する最初の実践だったといいます。異種を組み合わせて新しいものに統合するというニールの楽器創作における考え方は、サウンド面でも共通しており、この後エレクトロニカやドラムンベースを取り入れながらフューチャージャズ方面へと接近していきますが、本作の場合はサウンドの複合性よりも、Space Time ContinuumやFuture Sound Of Londonといった名が並ぶアンビエントテクノのレーベルからインスタレーションに基づく作品がリリースされたことに、アートギャラリーとチルアウト、または現代音楽とアンダーグラウンド・ダンスを橋渡しするような、多文化・越境の面白さを感じます。


Green Machine is an interactive installation/performance work which incorporates live electro-acoustic music and MIDI controlled slide projections. All of the sonic and visual elements are integrated according to principles of resonance and controlled through a unique interactive computer system. Green Machine explores a wide range of environmental states modeled on ideas of order and chaos found in nature. Visual artist Chrysanne Stathacos has supplied 720 images for the projections. The images are details from Stathacos’ ivy, rose, hair and marijuana paintings from 1988-94. The projection architecture and color effects were designed by Jim Conti.


...


2018年2月12日月曜日

[184] Løksa - Green Adaptor


Label: Hypnotic
Catalog#: CLP 9880
Format: CD, Album
Country: US
Released: 1996
DISCOGS

1 Green Adaptor 1 8:13

2 Green Adaptor 2 7:43
3 Green Adaptor 3 8:03
4 Green Adaptor 4 9:10
5 Green Adaptor 5 9:30
6 Green Adaptor 6 6:18
7 Green Adaptor 7 9:42

90年代におけるアンビエント・ミュージックは、ある環境の中でその一部として機能するというよりも、多くの場合、聴く人の中に仮想環境を構築し「アンビエント」という心的状態へシフトさせるインストーラーのような役割をもつ音楽だったように思います。(それはバーチャルリアリティやサイバースペース、バイオスフィア、コンピュータネットワーク技術といった領域に関係するもので、特に「Tranquilizer」のような作品に強く感じます。)この「Green Adaptor」は、情報に溢れストレスの多い現実世界から離れ、自分自身の中にあるもうひとつの自然へ適用するための7つのステージで構成された、いわばアナザー・グリーン・ワールドのインストーラー。シンギングボウルの倍音のうなり、チャイムやゴングを思わせる金属的な音、うねうねと浮動するエレクトロニクス、そして全編にわたり全体を包み込む分厚い雲状のドローン。#3-4では水の音、#6では鳥のさえずりといった自然音も挿入されていますが、それらは瞑想のステージを経た無念無想の境地から現実世界を遠目に眺めるかのような、遥か彼方の出来事のようです。作者は90年代前半からいくつかの名義を使い分けてゴアトランス〜テクノ〜ドラムンベース作品をリリースしたデンマーク生まれのプロデューサーJesper Løksa(イェスパー・ロクサ)。おそらく彼の最もディープなアンビエント志向が具現化された一枚だと思います。


...



2018年2月6日火曜日

[183] va Excursions In Ambience: A Collection Of Ambient-House Music


Label: Caroline Records

Catalog#: CAROL 1733-2
Format: CD, Compilation
Country: US
Released: 1993
DISCOGS

1 Tranquility Bass - Mya Yadana 6:10

2 The Future Sound Of London - Calcium 5:10
3 The Higher Intelligence Agency - Solid Motion (Black Hole Mix) 6:34
4 Ultramarine - Saratoga (Upstate Mix) 5:12
5 Psychedelic Research Lab - Tarenah 7:35
6 Psychick Warriors Ov Gaia - Obsidian (Deconstructure Edit) 8:11
7 777 - Mia (The Fishermen Mix) 6:07
8 It's Thinking - Afterglow 5:06
9 Banco De Gaia - Desert Wind (El Ahram Mix) 6:51
10 Sub Sub - Past 2:46
compiled by Brian Long & Mr. Kleen

ブライアン・イーノは、彼が70年代半ばに始めた画期的なアンビエント・シリーズにより、一般的にアンビエント・ミュージックの先駆者として認められている。ニューエイジのオーディエンスは、まず音楽の精神性に反応した。イーノのアンビエントの影響がダンス・ミュージックと融合したのは、80年代の終わりのことだった。アンビエント・ハウスのジャンルの中でそれらの試みにははるかに多くの音楽的ボキャブラリーが含まれているが、イーノの音楽はその全ての根源となっている。キリング・ジョークの付き人でE.G. RecordsのA&Rであったアレックス・パターソンは、KLFのジミー・コーティーとジ・オーブという名義でコラボレーションを始め、アンビエント・ミュージックとハウス・ビートの未知なる交配を探求した。1989年の長大なシングル「A Huge Ever Growing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld」を皮切りに、これまで2枚のアルバムと約40分のシングル「Blue Room」をリリースしたジ・オーブと、1990年に「Chill Out」をリリースしたKLF、ともにイギリスにおけるアンビエント探求の先頭を走る両者はアトモスフィアにビートを組み合わせる可能性に影響を及ぼしている。西ヨーロッパ全域とアメリカでは、ハウスとテクノのミュージシャンがトリッピーでアトモスフェリックな要素の導入を試み、地下のアンビエント・シーンを活性化させている。「Excursions In Ambience」は、このまだ新しいジャンルのアメリカ国内初のコレクションである。アンビエント・ハウスと呼ばれる音楽は、ウルトラマリンのポップなサウンドからサイキック・ウォリアーズ・オヴ・ガイアのミニマルなトランス・グルーヴまで、極めて多様だ。 - 93年3月のプレスリリースより 





2018年1月28日日曜日

[182] Mario Ciccioli's Aeolian Sculptures


Mario Ciccioli(マリオ・チチョリ)は、1984年以来風の音を焦点をあて、自身でデザインしたエオリアン・ハープ(伊語でアルペ・エオリア)によるサイトスペシフィックなインスタレーション作品の制作やパフォーマンスを中心に活動しているトゥスカーニア在住の彫刻家。88年7月に音楽フェスティバル「タイムゾーン」で披露されたチチョリのエオリアン・ハープの野外録音素材を基本的な雰囲気として用いて、Pier Luigi Andreoni(ピエル・ルイジ・アンドレオーニ)とFrancesco Paladino(フランチェスコ・パラディーノ)がシンセやサンプラーを駆使して作り上げた作品「Aeolyca」。音響彫刻ドローンと空想民俗アンビエントのコラボレーション。



チチョリの公式チャンネルより。1989年、ジュネーブのペルル・デュ・ラック公園内にある自然史博物館に設置された3つのエオリアン・ハープのインスタレーションの模様。音楽は「Aeolyca」の1曲目が使用されています。



2013年、モンテフィアスコーネの旧パプアル刑務所の中庭に設置されたインスタレーション「オラ・ダリア(空気の時間)」。アートイベント「Arte Libera Tutti」のための作品。